2009中部まつり及び花火大会フォトレポート

8月8日(土)9日(日)と中部(なかべ)地区の祭典が実施されました。8日(土)はこれまでのぐずついた天候とは打って変わって
晴天に恵まれ、まさに真夏の祭典となりました。暑すぎて参加者も大変そうでしたが、みなさんここぞとばかりに張り切って祭りを
楽しんでいました。特に夕方からの飾り屋台の引き回しでは故郷を離れて働いている社会人や学生たち若者が帰省して祭りに
参加し、盛り上がりました。花火大会は好天のもと大盛況で、最後の地割れ花火はやはり観覧席からは歓声が上がり、拍手が
沸き起こりました。やはりこの地割れ花火だけは実際に体感しないとその迫力は分かりません。まだご覧になったことのない方は
次回ぜひご予定下さい。また、中部地区ではこれまで上島キャンプ場に仮宮を建てて遷宮祭をしておりましたが、今年から町通り
の私有地を借りて仮宮を設置しました。祭り内容も時代の経過と共に人口減少、高齢化等のため変化してきているようです。
祭り行事の様子と花火を撮影しましたのでご覧になって下さい。