平成24年 ≪春の予感≫ 

節分草


2月17日
やっと開花しました。ゆっくり、じっと見ないと見過ごしてしまいます。
よく見ると、これも遅めの「フキノトウ」が出ていました。
ちょっとピン甘なのはご勘弁を・・・雪がちらついてけっこう寒かったものですから・・・(言い訳ですが)

            

    


ちなみにここから下のものは2月3日に愛知県で撮影したものです。

            


2月21日
ずっと寒さが続いているせいか、この日もあまり大きな変化はありませんでしたが、栗の木の下には日照条件が悪いにも拘らずよく見ると
あちこちで蕾が出ていました。春は着実に近づいているようです。

               


2月22日
佐久間ダム電力館に用事があって行った時の写真です。電力館駐車場から歩いて上がって行く途中の岩肌からしみ出る山水が凍りついて
いました。実は奥の湖岸広場にあるトイレは山の水を利用しているのですが、このような状態でトイレにつながるパイプが凍って水が出なく
なっていました。そのため、この日は使用禁止となっていました。

              


2月26日
気温もだいぶ緩んできたので浦川の節分草もきっと沢山開いているだろうと思い見に行ってきました。すると・・・やはり良い具合に咲いていました。

               

               


            



2月27日
事務所の近くの梅の花が一気に咲き出しました。足元の小さなオオイヌノフグリも咲きそろっています。
一枚目の梅は25日雨の日に撮影したものです。

           


3月7日
節分草の様子を見に行ったところ、すでにアズマイチゲが花開いていました。節分草が遅かったわりに、ここに来て
急激に暖かくなったせいか意外に早く咲いていました。ちなみに節分草はまだ見頃で、今なら両方楽しめそうです。

         


3月14日
少し冷え込みが戻っていますが、日が当る場所は暖かくて気持ちがいいですね。そろそろどうかな?と思って
地面をよく見ると、出ていました。オキナグサです。